~建ぺい率・容積率とは~【府中市 不動産売却】

query_builder 2021/12/14
ブログ
建ぺい率容積フリーイラスト

皆様 こんにちは。

株式会社Rezardの加藤大紀です。


用途地域編に続き、建ぺい率・容積率について

少しお話をさせていただきます!


建ぺい率=敷地面積に対する建築面積の割合

容積率=敷地面積に対する延床面積の割合


㈱Rezardのホームタウンである府中市の低層地域は

40(建ぺい率)/80(容積率) が多いので

例えば、100㎡の土地があるとすると、

1F:40㎡ 2F:40㎡ 合計80㎡の建物が建築できます!


これから建築・購入を検討される方は、

その土地にどの程度のサイズの建物が建築できるのかは非常に重要ですよね。


建ぺい率や容積率には緩和条件や制限もあるので、

少しご紹介いたします!

建ぺい率の緩和条件(+10%)

・角地緩和

・耐火・準耐火建築物に対する緩和

容積率の緩和条件

・地下室

→建物全体の3分の1までなら容積率の計算から除外

・ロフトや屋根裏

→直下の床面積の1/2を限度として容積率の計算から除外

※天井高1400mm以下

・建物内の車庫やガレージ

→建物の床面積の1/5を限度として容積率の計算から除外

容積率の制限

前面道路の幅員が12m未満の場合、

前面道路幅員×住居系(0.4)orその他(0.6) という制限がかかります!

(ここでは特定道路による制限緩和の話は置いておきます)

例:土地100㎡ 用途第一種中高層 建ぺい60% 容積200% 前面道路4m

こんな土地の場合は、容積率が以下のようになります。

前面道路幅員4m×0.4=容積制限160%


表記されていることだけではない情報も多いので

気軽にご相談ください♪

他にも色々ありますが、今日はこの辺で・・・。


中古の物件を購入する場合は、

「建ぺい率や容積率がオーバーしていないか」

しっかり見ておく必要がありますね。

融資が組めなかったり、売却がし辛かったりなど問題も出てきますので要注意です!



その土地を最大限生かせる

提携ハウスメーカーや工務店でのプランニング依頼も

是非Rezardにご依頼ください!

記事検索

NEW

  • ~4/25未公開不動産情報発信~【府中市 不動産売却】

    query_builder 2022/04/25
  • ~不動産売却に掛かる税金~【府中市不動産売却】

    query_builder 2022/04/11
  • ~不動産売却の失敗~【府中市不動産売却】

    query_builder 2022/04/09
  • ~不動産売却で失敗しない為に②~【府中市不動産売却】

    query_builder 2022/04/06
  • ~不動産売却のスケジュール~【府中市不動産売却】

    query_builder 2022/04/03

CATEGORY

ARCHIVE